カテゴリ:information ( 4 )

第22回文学フリマ

我々「26時」は、第22回文学フリマ東京に出店します。

今回から”季刊”が取れて「26時」になりました。改めてよろしくお願いします。実際不定期だからね。しかたないね。

新刊はvol.6:50(仮)

「vol.7:00は我々の中で納得のいく”前進”があった時に銘打とう」ということで、

前回は「vol.6:30」ということになりましたが今回はさらにちょびっと進んで「6:50」。

諸般の事情で活動&発刊ペースが遅く、更新も滞りがちですが、今後ともお付き合いいただけたら幸いです。

ブースはシ-31、「シサイ」です!遊びに来てね!!
[PR]
by kikan26 | 2016-04-06 22:35 | information

店舗販売のお知らせ

 こんばんは! 季刊26時です。

 第5号へ作品を投稿してくださったみなさま、ありがとうございます!
 本日(7日)選考して、掲載かどうかのご連絡を差上げようと思いますので、もう少々お待ちください。

 そんな5号への準備が着々と進むなか、26時は文学フリマとネット通販だけでなく、お店にも置いていただくことになりました。同人誌を作っていることをハンドメイド雑貨店をやっている友人に話したら置いてくれることになったのです。
 
「最近店内にカフェを併設したから、テーブルの近くに置いておけば興味ある人が読んでくれるかも!」ということなのですが、 正直、売れたり読んでもらえるようなものだという自信はありません。でも、これも「季刊26時」を多くの人に知ってもらういい機会だと思ってお願いすることにしました。本当に感謝です。

 とってもいいお店なので、みなさんも26時のためでなく、純粋に楽しむためだけにでも機会があれば足を運んでみてくださいね!今日も小さいお子さん連れの家族や若い女性、男性もたくさん来店して、賑わっていました。ポルカボチャタルトも人気商品のようです!
 お店の詳細は以下のとおり。

●Polkadot● ハンドメイド雑貨店
東京都北区上十条1―19―9-2F
埼京線・十条駅南口より徒歩30秒
mail:polyukadot@live.jp
℡:080-4171-9890
定休日 木曜・祝日 第2・4月曜
web:http://www5.hp-ez.com/hp/polkadotjujo/page1

ポルカドットさん、ありがとうございます!

d0235388_091723.jpg

[PR]
by kikan26 | 2012-10-07 00:22 | information

季刊26時 第5号 投稿作品募集のお知らせ

告知
 
 活動一周年の節目を迎え、本誌をより充実した詩誌にすべく、「季刊26時」では次号、第5号に掲載する作品を募集したいと思います。自由詩・短歌・俳句等、作品の形式は問いません。日ごろより詩を書いているという方、作品の発表の場をお探しの方、「単純にそういうことやってみたい!」という方、誕生日が26日の方、作品を投稿してみませんか?
投稿に際しては、以下の項目をご覧下さい。
 
・メールにWordファイルを添付、あるいはメール(kikan26ji@gmail.com)に直接書いてお送り下さい。メール打ち込みの場合は改行箇所に「/」を付けてください。
・未発表の自作に限ります。
・長短の制限はありませんが、あまりにも長い場合は掲載できません。
・自由詩は1篇。短歌・俳句は何首でも構いませんが、数が多い場合は掲載時に3~6首に選出させていただきます。
・締め切りは2012年9月26日までとさせていただきます。
・掲載にあたり、同人による選考があります。掲載が決定次第、メールにてご連絡致します。
 
 「季刊26時」が皆様の交流の場、発信の場になれば幸いです。投稿の要望や質問等はメールにてご連絡下さい。たくさんのご応募お待ちしております。

なお、「季刊26時」第5号は2012年11月18日の文学フリマにて販売する予定です。

季刊26時

 
[PR]
by kikan26 | 2012-08-11 23:15 | information

近況報告:三号刊行、文学フリマ出店

d0235388_15593197.jpg


 お久しぶりの更新になってしまいました。ごきげんよう、季刊26時です。

 季刊26時のtwitterアカウントでも報告させて頂きましたが、大難産だった第三号がようやく発刊されました。
毎週毎週三人で顔を突き合わせ、ああでもないこうでもないと紆余曲折試行錯誤してやっと形に出来た号です。


 『季刊26時』第三号  定価300円
 特集 鼎談「一旦、詩の話をしておこう」
 詩作品 題詠《詩を読む》/自由詠 各三篇(佐々木青、今野大地、田村大介)

 
 特集では、巷で「ポエム」と称されている人生訓/メッセージ的な文芸作品と、「現代詩」との関係を考察し
話し合いました。季刊26時のスタンスの確認へと向かって行く鼎談です。ご期待ください。
 詩作品はこれまで通りの六篇。題詠《詩を読む》は、鼎談収録後にそれぞれが大幅に書き換えた作品が並んで
います。こちらもどうぞご期待ください。


 また、『季刊26時』は五月六日に開催される「第十四回文学フリマ」に出店致します。


  「第十四回文学フリマ」開催情報
  5月6日(日) 11:00~16:00(予定)
  会場: 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
 (東京モノレール・「流通センター駅」徒歩1分)


 ブース位置等が決定しましたら告知致します。今回の販売内容としては、

  『季刊26時』
  第一号 特集 エッセイ「一旦、詩の話は置いておこう」  詩作品 題詠《水》/自由詠 各三篇
  第二号 特集 連詩「次の駅まで連詩しよっか」(詩離と理) 詩作品 題詠《物語に寄す》/自由詠 各三篇
  第三号 特集 鼎談「一旦、詩の話をしておこう」     詩作品 題詠《詩を読む》/自由詠 各三篇
  第四号 未定
                                            各定価300円

 を予定しております。バックナンバー取り揃えてお待ちしておりますので、ふらりと遊びに来て頂けたら非常に
嬉しいです。宜しくお願い致します。

 文学フリマにいらっしゃれない方でも、もしご興味がある方は右にある季刊26時のメールアドレスにメールを頂
くか、twitterのアカウントの方にダイレクトメッセージをお送りください(twitterのシステム上、ダイレクトメッ
セージはフォローした上でないと送信出来ないようになっております、ご注意ください)。


 それでは最新の第三号、是非お楽しみにして下さい。ではまた!

d0235388_1735197.jpg

[PR]
by kikan26 | 2012-03-10 17:04 | information